着脱しやすさ、ポケットなどの利便性

着脱しやすい作業服の特徴

着脱しやすい作業服の特徴として、伸縮性のある生地が使われていることがあげられます。作業服は、身の安全を守る役割もあるため、基本的にはかための生地で作られており、伸縮性がないことがほとんどです。ですが、全く伸びない生地よりも多少でも伸びる方が着脱がしやすくストレスが少なくて済みます。
また、つなぎタイプの作業服よりも上下が分かれているタイプの方が、トイレや着替えの時も簡単に着脱ができます。気温に応じて簡単に着脱できるブルゾンタイプも着やすくて人気です。
更に着脱のしやすさを求めるなら、ボタンタイプの作業服よりもジッパータイプを選ぶことがおすすめです。ジッパータイプであれば、急いでいる時もすぐに着脱ができて便利です。

使いやすい作業服のポイントとは

使いやすい作業服のポイントは、ポケットがたくさんついていることです。特に工事関係の仕事や整備士等の仕事で作業服を着る場合は、小さな部品をたくさん携帯します。部品が混ざってしまわないように、ポケットがたくさんあると便利です。ポケットの大きさも小さなサイズから大きなサイズまであると用途に応じて使い分けられます。
作業中にスマホや財布が落ちてしまうということもよくあります。そのため、ポケットにジッパーやマジックテープがついているタイプを選ぶと落下防止になりおすすめです。
通常のポケットの他にもペンを差すポケットや、二重構造になるポケットもあります。自分の作業場所の特徴や持ち歩く物に応じて作業服を選ぶ時は、ポケットに注目してみましょう。