汚れの種類、洗濯頻度

汚れの種類は大きく分けて4種類

作業服についた汚れはどれも同じように洗えばいいというわけではなく、汚れの種類に応じて洗剤や洗い方を分ける必要があると言われています。
そんな作業服につきやすい汚れの種類は大きく4種類に分類されていて、水溶性のものや油溶性のもの、不溶性のもの、そして色素が挙げられています。水溶性のものは汗など一般的な汚れのほかに塩やしょうゆ、果汁や肉汁などの食品加工の際につきやすいものが多いとされています。また油溶性のものは皮脂や食用油、口紅やファンデーションなどがありますし、不溶性のものだと土やほこりなどが代表的です。
そして色素はインクや植物の汁などがあり、これらはそれぞれ洗剤や洗い方が異なっているので汚れがどれに分類するのか判断することが大切です。

洗濯の頻度は毎日洗うのが理想的

また作業服の洗濯の頻度に関しては、そこまで何度も洗わなくてもいいのではないかという声もあります。特に作業服を着用する現場によっては洗ってもきりがないので、使い捨てる気持ちで着用しているという人もいるようです。
そんな作業服の洗濯の頻度は、一般的な衣類と同じく毎日洗濯することが理想だと言われています。作業服の汚れは数日放置しているとそのまま繊維に付着してしまう可能性が高いですし、汚れの種類によってはすぐに洗わないとなかなか落ちないというものも少なくありません。このため可能であれば毎日洗濯をすることがおすすめだと言われていますが、難しい場合は2日に1回ペースで洗濯するようにします。
ちなみに汚れが酷いと洗濯槽の中も汚れてしまうので、洗濯後は洗濯槽の掃除も必要です。

作業着は仕事をする時に身に着ける服で、動きやすいとかポケットの位置や数などを考慮して機能性の良い物を選ぶと良いです。