作業服。多くの場合、一日八時間以上、休日以外毎日着ているものですよね。ずっと着ているものだからこそ、妥協せず自分に合った物を選びたいものです。また会社・企業として作業着を選ぶのであれば、従業員のことを第一に考えた物を選び、社全体の作業効率に反映させたいものです。

何よりも安全第一

作業するうえで一番大切なことはやはり安全面です。作業を行う上で、考えうる危険性をなるべく排除しなければなりません。作業着は各作業に合うようにデザインされていて種類も豊富です。行う作業に合った物を選ぶことが安全な業務に繋がります。

必要なデザインか?

作業服の中には若者向けまたは女性向けのファッション性の高いものが増えてきており、気軽に着こなすことができるようになりました。ただここで注意しなければいけないのが、ファッション性の高さと同じように機…

作業内容、気温に合わせて。布地の厚み、薄さ

作業服は、様々な種類やかたちがあります。選ぶ際に大事になってくるのは、どういった作業を行うのかを考えて、それに合ったものを選ぶということです。まず、行う作業を考えて一番最適なものを選ぶことになりま…

作業服の流行はこれだ

作業服でおしゃれなデザインがあります。ポケットが大きかったりカラーの使い方が派手であったりなどがあります。機能も劣りません。

毎日使い続けるものだから、使用感の重要性

着脱しやすさ、ポケットなどの利便性

着脱しやすい作業服の特徴として、伸縮性のある生地が使われていることがあげられます。作業服は、身の安全を守る役割もあるため、基本的にはかための生地で作られており、伸縮性がないことがほとんどです。です…

汚れの種類、洗濯頻度

作業服についた汚れはどれも同じように洗えばいいというわけではなく、汚れの種類に応じて洗剤や洗い方を分ける必要があると言われています。そんな作業服につきやすい汚れの種類は大きく4種類に分類されていて…

愛着の持てるデザイン

建設現場や工場内などで作業を快適に行うためには、愛着の持てる作業着を購入することがとても重要です。特に、同じ作業着を長く使い続けたい場合には、毎日の業務の中で違和感のないデザインを選ぶことがポイン…

サイズ、大体で選んでいませんか?

正しいサイズ選びの基本知識

最近の作業服は機能性やデザイン性に優れているものが多数あります。しかし、肝心なサイズ選びを正しくしないとせっかくの性能も効果を発揮しません。作業服のサイズ選びは他の衣服のサイズ選びと異なる点があるので正しいサイズ選びの知識を知りましょう。まず、作業服のサイズ表には仕上がり寸法とヌード寸法という2種類があります。仕上がり寸法は上がり寸とも呼ばれ、製品の実寸が示されたものです。一方、ヌード寸法は着る人の体のサイズを表記したものです。大抵は仕上がり寸法で表記されることが多いのですが、表記の確認を忘れずに。また、大切なのが各部位の採寸です。自分の正しいサイズを知ることは体にフィットした着心地のよい安全な作業服を手に入れることにつながります。上衣で5か所、下衣で3か所測るのがベターとされています。体型が大幅に変わらない限り今後も使用できるデータなので一度しっかり測ると役立ちます。

作業服の正しいサイズを決める注意すべきポイントって?

正しいサイズの作業服を購入する際にはいくつかの注意すべきポイントがあります。まずできる限り試着をしてみましょう。最近はネットショッピングでもサンプルを送付してくれたり、近所の作業服専門店などでの試着が可能です。実際に着てサイズを確かめることが一番の正しいサイズ選びの近道になります。また、自分のサイズを自分で勝手に決めてもいけません。いつもMサイズだからMでいいだろう、と思いこまずきちんと採寸して自分に合ったサイズを探しましょう。また、万が一サイズが合わない場合返品することも考え、以前購入した同じ物などでなければオプションは付けずに購入しておきましょう。オプションで名入れや裾上げを注文してしまうと返品を受け付けてもらえない場合があります。体にぴったりフィットした作業服は安全性や仕事の効率が最大限に発揮されます。自分に正しいサイズの作業服で安全第一、気持ちよく仕事をしましょう。